乳酸菌の働き

乳酸菌はいろいろな働きを持っています。
よく知られているのが腸を整える効果です。
腸の活動が低下すると、食物の消化吸収が上手く行われずに体調を崩すことがあります。
栄養が十分に摂取できなくなることから抵抗力もなくなり、病気に罹りやすくなってしまいます。
乳酸菌は健康な腸を維持するのに有効とされ、腸内を正常化します。
ビタミンB1、B6、B12などを生成することから、栄養補給にも有効です。
そして、抗菌作用があります。
乳酸菌があることで腸が酸性に保たれます。
酸性であると、疾病の原因となる病原菌の働きを抑えて体を守ってくれます。
また、腸内に悪玉菌が増殖するのを防止し、悪玉菌が作り出すアンモニアや硫化水素などの有害物質の発生を妨げます。
有害物質が体に吸収されると、さまざまな問題を引き起こすとされることから、病気予防としても乳酸菌の摂取は効果的です。
それから、抗がん作用があることも知られます。
腸内環境が悪くなったり、有害物質が増えたりするとがんを発症するリスクが高まるとされます。
近年、日本でも食の欧米化に伴い大腸がん患者が増えているのが現状です。
それだけに、生活の中で行えるがん対策には注目が集まっていますが、乳酸菌はがん発症の抑える働きがあるとして毎日の食事に取り入れている方が増えています。
加えて腸の老化を抑えてくれる働きがあり、老化防止に効きます。
乳酸菌はとても優れた働きを持っているので、健康のために活性化させることが大切とされています。
末期ガン克服